1. 工場・店舗向け工法
  2. スカイ工法

工場・店舗向け工法

スカイ工法 両面テープ接着施工(折板屋根用)

遮熱塗装の課題を解決した新工法

スカイ工法は輻射熱の反射に優れたアルミ箔を使用したスカイシートを取り付ける工法なので、
作業者の技量の優劣、作業時の天候に関係なく均一な遮熱効果を発揮します。
また、折板屋根特有の雨漏れを防ぐ効果もあるため、一度の施工で熱対策と雨漏り対策が同時に行える画期的な工法です。

[メリット]シートを貼る工法の為、作業者の技量に頼らなくても遮熱効果が均一です。

最大マイナス約11℃
夏を涼しく快適に・冬の寒さから守る

陽からの輻射熱を97%カット

太陽からの輻射熱を約97%カット 夏の室内温度をマイナス約11℃ ※実験結果による最大温度差です

スカイ工法で用いるスカイシート(遮熱シート)は、反射率97%のアルミ箔により太陽からの輻射熱による折板屋根の温度上昇を大幅に抑えます。

スカイシートの構造

実験結果による最大温度差、最大約11℃を計測。

また、夏の暑さを解消するだけで、冷房費節約、在庫商品の劣化防止、作業環境の改善にもご利用いただけます。

冬の放射冷夏による温度低下を抑える

の放射冷却による温度低下を抑える

スカイシートのアルミ箔は、熱の放射を大きく抑える働きがあるため、冬の日中の暖気を夜間の放射冷却から守る保温効果があります。

スカイシートの構造

場・店舗が暑くなる理由

折板屋根の日陰が暑い理由 熱は高い方から低い方へ移動する輻射熱は360°どの方向へも移動する

なぜ工場・店舗が暑くなるのかご存知でしょうか。

その原因は、太陽の輻射熱が折板屋根にあたり、屋根の温度が70~80℃まで上昇します。
熱せられた折板屋根から、輻射熱が人体に向けて飛んできます。
具体的な理由をイラストを元に紹介いたします。

風圧試験

耐風圧試験

スカイシートが台風の強風で飛ばされないか(財)日本建築総合試験所にて試験を行いました。高さ16メートルの屋根に風速40メートルの強風が吹いてもスカイシートが飛ばされないことが試験で分かりました。

カイシート施工方法

スカイシート施工方法

両面テープを使用することで、作業する技術の優劣、作業時の天候に関係なく均一な遮熱効果を発揮します。

お問い合わせCONTACT

カットサンプル・カタログ請求・お問い合わせ

058-385-0334
【受付時間】9:00~17:00 【定休日】土・日・祝日

代理店募集

サーモバリア「スカイ工法」の販売及び施工の代理店を募集しております。スカイ工法(特許申請中)を貴社の新規ビジネスとしてお取組み頂きますようお願いいたします。