サーモバリア標準施工マニュアル

屋根:「カラーベスト・ガルバリュウム鋼鈑の場合」施工マニュアル

3種類の施工方法をご紹介します。下記、施工方法のボタンをクリックして下さい。

垂木上部施工


垂木上部にサーモバリアを張る施工方法です。室内側にサーモバリアが設置されることで、冬場室内側から放射される暖房の熱を室内側に反射する効果があります。

二重ノジ工法


ノジ板を先張りすることで、より安全な施工方法です。内部結露の抑制と安全性を兼ね備えたビギナー向けの工法です。

母屋上部施工


発泡ウレタン吹付断熱の施工向けの工法です。
吹付下地と兼用で施工できます。
【垂木上部施工】(室内反射有り)

垂木を打った後、垂木先端部にサー
モバリアと同じ厚みの板を取り付けま
す。

板の厚みは沈みを考慮して、
サーモバリアW→5ミリ程度
サーモバリアS→2.5ミリ程度

端隠し板の取付けも行うとよいでし
ょう。

サーモバリアを庇先端から横方向に敷
き、ステープルで垂木に仮留めしてい
きます。

サーモバリアを庇先端から施工する
ことで、庇を透過し外壁から浸入する
放射熱を防ぐ働きがあります。

母屋の上に敷く施工方法でも構いませ
んが、踏み抜けには十分ご注意くださ
い。

反射空気層を確保するために、サーモ
バリアの上にドウブチを打ちます。

ドウブチをサーモバリアの上端から約
10センチ短い長さにカットしてくださ
い。
ジョイントのテープ処理が行いやすく
なります。

反射空気層は通気させる必要はあり
ません。通気させないことで対流熱を
防ぎます。

ドウブチの上にノジ板を打ちます。
留め付けの釘は通常よりもドウブチ分
長いものをご使用ください。

2段目の足場ができますので、2段
目以降の安全性が高まります。

2段目のサーモバリアを敷き、ジョイ
ント部分は突き付けとし、専用アルミ
テープで張り合わせます。

1段目と同様にドウブチを打ちます

ドウブチの上にノジ板を打ちます。

*3段目以降も同じ方法を繰り返しま
す。

ノジ板を打ち終えたら防水紙を敷きま
す。

仕上材のカラーベストまたはガルバリ
ュウム鋼板を施工し、完成です。

[ご注意]結露防止のために、屋根裏の湿度が上がらないよう屋根材・構造材は乾燥材を使用するよう
にしてください。小屋裏換気を取ることをお勧めします。

【二重ノジ工法】

通常施工で垂木施工後、ノジ板を打ちま
す。

このノジ板はサーモバリアの捨貼りと
なります。

ノジ板の上にサーモバリアS(4ミリタ
イプ)を敷きます。
敷き方は横向きでも縦向きでも構いま
せん。敷き易い方向に敷いてください。

サーモバリアとサーモバリアは重ねない
で突きつけで敷いてください。
サーモバリアをステープルで留めつけま
す。
ジョイントに近いところをステープル
で留めると、専用アルミテープでステー
プルが隠れますので、防水性も高まりま
す。

反射空気層を確保するために、サーモバ
リアの上にドウブチを打ちます。

反射空気層は通気させる必要はありま
せん。通気させないことで対流熱を防ぎ
ます。

ドウブチの上にノジ板を打ちます。
留め付けの釘は通常よりもドウブチ分
長いものをご使用ください。

ノジ板を打ち終えたら防水紙を敷きま
す。

仕上材のカラーベストまたはガルバリュ
ウム鋼板を施工し、完成です。

母屋上部施工

①母屋の上にサーモバリアを貼ります。
貼る向きは母屋に平行でも構いません。

発泡ウレタンをサーモバリアに吹き付ける場合は通気性のあるサーモバリアエアーを してください。

②サーモバリアの上から垂木を取付けます。
垂木で足場を確保しながら次のサーモバリアを貼っていきます。

サーモバリアS もしくはWを使用する場合はジョイントを突きつけとし専用アルミテープで貼り合わせてください。エアーの場合は10cm ほど重ねてください。

③屋根全面にサーモバリアを貼り、タルキを取付けます。

垂木の空間が反射空気層となります。

④垂木の上に野地板を取付けます。

⑤ルーフィングを敷き仕上材を葺き、完成です。
ガルバリュウム鋼板の場合も同じです。

結露対策として、木材は良く乾燥したものをお使いください。
暖かく湿った空気が小屋裏にこもらないように換気口を設けてください。

施工上の注意

*現場取り付け時、太陽がアルミに反射して眩しさを感じますので、サングラスなどの防護対策を施すことをお勧めします。

*母屋に直接張る場合は、踏み抜けないように充分ご注意ください。アルミ表面は、その特性上滑りやすいので、必ず命綱
などの落下防止を施してください。

*夏場の直射日光により過度の日焼けをする場合がありますので、UVカットの日焼け止 めを肌の露出部分に塗られること
をお勧めします。

お電話でのお問い合わせは TEL.058-385-0334 受付時間:9時~17時(土・日・祝日を除く)
体感キット&サンプル請求はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

室内隠蔽タイプ

  • 夏はもちろん、冬の室内反射に サーモバリア-W
  • 壁面に最適!極薄シートタイプ サーモバリア スリム
  • あらゆる部位に使用が可能!サーモバリア-S
  • 細かい穴が湿気を逃す サーモバリア エアー

屋外露出タイプ

  • サーモバリア 折板屋根遮断熱工法
  • 両面テープ接着工法 サーモバリア スカイ工法
  • 屋根上に貼れる遮熱シート サーモバリア トップ
推薦のお言葉
サーモバリア標準施工マニュアル
スカイ工法
遮断熱工法
熱の仕組みサーモバリアについて
お申し込みはこちら
会社紹介

株式会社ライフテック
岐阜県各務原市鵜沼古市場町
4-16-3

TEL:058-385-0334
FAX:058-385-3286

国土交通省不燃認定NM-2805
※サーモバリアSにて取得

ページTOPへ