スカイ工法
遮熱塗装の課題を解決した新工法

スカイ工法

スカイ工法は輻射熱の反射に優れたアルミ箔を使用したスカイシートを取り付ける工法なので、作業者の技量の優劣、作業時の天候に関係なく均一な遮熱効果を発揮します。
また、折板屋根特有の雨漏れを防ぐ効果もあるため、一度の施工で熱対策と雨漏り対策が同時に行える画期的な工法です。

メリット

最大マイナス約11℃夏を涼しく快適に

太陽からの輻射熱を97%カットスカイシート

スカイ工法で用いるスカイシート(遮熱シート)は、反射率97%のアルミ箔により太陽からの輻射熱による折半屋根の温度上昇を大幅に抑えます。

スカイシートの構造

実験結果による最大温度差、最大約11℃を計測。

また、夏の暑さを解消するだけで、冷房費節約、在庫商品の劣化防止、作業環境の改善にもご利用いただけます。

太陽からの輻射熱を97%カット

工場・店舗が暑くなる理由

折板屋根の日陰が暑い理由

なぜ工場・店舗が暑くなるのかご存知でしょうか。

その原因は、輻射熱が折半屋根にあたり、温度を70~80℃まで熱せられます。
輻射熱は折半屋根から、室内に入り人体に向けて飛んできます。
具体的な理由をイラスト・試験動画を元に紹介いたします。

お電話でのお問い合わせは TEL.058-385-0334 受付時間:9時~17時(土・日・祝日を除く)
体感キット&サンプル請求はこちら
メールでのお問い合わせはこちら
ページTOPへ