スカイ工法SKY METHOD

輻射熱で
工場・店舗が熱くなる!

輻射熱は折板屋根から、室内に入り人体に向けて飛んできます。
具体的な理由をイラスト・試験動画を元に紹介いたします。

メリット

なぜ工場・店舗が暑くなるの?

暑さの原理をご説明します

問題です

同じように風が通り抜け気温は変わらないのに、まぜ折板屋根の日陰は厚く木陰は涼しいのでしょうか?

答えは「輻射熱」です

輻射熱とは何でしょうか?

輻射熱とは遠赤外線などの電磁波のことを言います。ドラム缶で焚火をすると風が吹いているのに体が温まります。

このように輻射熱は空気に関係なく温度の高い方(ドラム缶)から温度の低い方(人体)に移動し熱を伝えます。

輻射熱=電磁波
折板屋根の日陰が暑い理由

折板屋根が暑く木陰が涼しい理由?

木陰は葉っぱが太陽に熱せられ中の水分が気化熱になって葉っぱの熱を奪う形で蒸発します。これにより葉っぱの裏側が冷えるため木陰は人体に向けて輻射熱を発生しないので涼しく感じます。

※人体の輻射熱を葉っぱが奪ってくれる

折板屋根の温度は夏場70℃~80℃になります。人体の皮膚温度は約32℃~33℃なので折板屋根の輻射熱が人体に向けて飛んできます。このように空気の温度は同じ日陰でも輻射熱の有無により体感温度は大きく異なるのです。

木陰が涼しい理由
折板屋根の日陰が暑い理由

電磁波を遮断するスカイシート?

私たちの身近で物を温める機械として電子レンジがあります。
電子レンジは電磁波の中のマイクロ波(2.45Ghz)を使用して物を温める装置で、同じマイクロ波を使用したものに携帯電話(2.0Ghz帯)があります。

例)輻射熱は温度の高い方から低い方へ移動する。

実験

スカイシートが携帯電話の電波(電磁波)を遮断することができるか実験をしてみます。
携帯電話をスカイシートで包んで電話を掛けます。

携帯電話は着信しません
スカイシートが電磁波(輻射熱)を反射したから
このようにスカイシートはアルミ純度99%のアルミ箔を使用した特殊シートで輻射熱(電磁波)を大きく反射する性能に優れたシートなのです。
このスカイシートを使用したスカイ工法は、
太陽からの輻射熱を大幅に反射する画期的な工法で、
折板屋根の温度上昇を抑え、
折板屋根から建物内部への輻射熱の影響を大きく削減します。
お電話でのお問い合わせは TEL.058-385-0334 受付時間:9時~17時(土・日・祝日を除く)
体感キット&サンプル請求はこちら
メールでのお問い合わせはこちら
ページTOPへ