1. サーモバリアとは
  2. 遮熱の効果・試験

遮熱の効果・試験

真夏の屋外にて実証実験

静岡大学による試験
室内温度マイナス約9℃
断熱材では防げない輻射熱をカット

静岡大学工学部 中山 顕教授
静岡大学工学部 中山 顕教授(熱工学専門)
静岡大学工学部教授。
PhD(1981年、米国イリノイ大学博士課程修了)
熱工学の専門で、著書「熱流体力学(共立出版)」他多数
Journal of Porous Mediaをはじめ多くの国際論文集の編集委員を務める。
  • 真夏の屋外にて実証実験
  • 真夏の屋外にて実証実験
  • 真夏の屋外にて実証実験
  • 真夏の屋外にて実証実験
  • 真夏の屋外にて実証実験
  • 真夏の屋外にて実証実験
【実証実験概要】
静岡大学工学部 中山 顕教授(熱工学専門)に、住宅を想定した瓦葺きの同じ大きさの建物を2つ用意し、一つには瓦の真下にサーモバリアを施工し、真夏の炎天下の中それぞれの建物の温度を1週間測定しました。
【試験結果】

温度が最大9℃低下
屋根下の暖気塊温度4℃低下
電気料金最大27%削減を実現

熱貫流率測定

岐阜県生活技術研究所※1
JIS規格A1420熱貫流率測定※2を行いました。

※1 岐阜県の政策や地域の要望に応じた研究開発や、新製品・新技術の開発あるいは品質の向上などに関する研究を、企業から依頼を受けて実施する。JIS規格やISO規格に準拠した試験も行い、モノづくりに係わる技術領域を包含した生活関連産業を支援する研究機関。

※2 日本工業規格A1420-1999(住宅用断熱材及び構成材の断熱性能試験方法)に定める測定方法によるもの。この規格は主として、壁、屋根、天井、床などの建築用構成材の断熱性能としての熱貫流率、熱抵抗など熱の伝わりやすさの値を、保護熱箱法及び校正熱箱法によって測定する。

【試験内容】
外壁に見立てた試験体に向けてヒーターを当て、発泡スチロールで周囲を囲んで熱を外部に逃がさないようにします。
それぞれの試験体を通過する熱量を測定し、熱貫流率と熱抵抗値を求めました。
  • 熱貫流率測定
    試験概要図
  • 熱貫流率測定
    断熱箱
  • 熱貫流率測定
    試験体と測定器

【試験結果】
サーモバリアS ダブル遮熱工法の熱抵抗値がグラスウール(10kg)130mm相当の結果がでました!
この試験から、たった数mmのサーモバリアが、厚さ十数mmの他の断熱材と同等もしくはそれ以上の高い断熱効果を発揮すると証明できました。
  サーモバリア
スリム(0.2mm)
サーモバリアS(4㎜) サーモバリアW(8mm) ダブル遮熱工法
サーモバリアS
(4mm+4mm)
A社製
フェノールフォーム
断熱材40mm
熱貫流率
[W/㎡・K]
0.60 0.64 0.66 0.36 0.48
熱抵抗値
[㎡・K/W]
1.68 1.56 1.53 2.75 2.09
グラスウール(10kg)
にすると
80mm 75mm 73mm 130mm 100mm

サーモバリアの断熱性

サーモバリアの断熱効果は
グラスウール断熱材70mmに相当!

実験 「サーモバリア体感キット」と赤外線ヒーターを使って、輻射熱の体感実験を行います。

JIS規格に基づく熱実験(JIS規格A1420)より採られたデータを精査した結果、 サーモバリアは熱線を反射する極めて高い能力を有することが分りました。

薄いサーモバリアを1枚挟むだけで、入射する熱の大部分が表面で遮断でき、 断熱性能が得られます。その断熱効果は、厚さ70mmグラスウールにも匹敵します。
さらに、2枚設置すると、倍の厚さのグラスウールと同等の効果が得られるといった具合に、 枚数に比例してその断熱効果は増大します。ぶ厚い断熱材を薄いサーモバリアに置き換える事で、 屋根や内外壁の施行の自由度が大きく拡がります。

お問い合わせCONTACT

カットサンプル・カタログ請求・お問い合わせ

058-385-0334
【受付時間】9:00~17:00 【定休日】土・日・祝日

代理店募集

サーモバリア「スカイ工法」の販売及び施工の代理店を募集しております。スカイ工法(特許申請中)を貴社の新規ビジネスとしてお取組み頂きますようお願いいたします。