鉄を溶かすキューポラ(溶鉱炉)に施工

施工情報

施工情報 鉄を溶かすキューポラ(溶鉱炉)に施工

使用商品:サーモバリアフィット

キューポラは鉄を溶かす溶鉱炉で、溶けだす鉄の温度は1700℃~1900℃になります。作業者はキューポラの真横に立ち溶け出す鉄を見守ります。夏は汗が蒸発してしまうほど暑く、作業員の負担は大きかった。

サーモバリアフィットを施工して、体感温度も全然変わりました。

放射温度計で温度を測定してみましたが、キューポラの上部(フィットの無い部分)は、約230℃。
しかし、キューポラの胴体部分(フィット有る部分)は、約25℃でした。
作業員の方の負担は、明らかに軽減されました。

さらに嬉しいことに、サーモバリアフィットを施工した後、生産量が13%アップ!したのです。
キューポラから溶けて出てくる鉄の量が13%増えたのです。

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ

058-385-0334
【受付時間】9:00~17:00 【定休日】土・日・祝日

カットサンプル・カタログ請求

無料でカットサンプル、カタログをお送りさせて頂きます。24時間専用フォームにて受付を行っております。
お気軽にお申し込みください。