1. サーモバリアとは
  2. 特性と使用方法

特性と使用方法

アルミ箔の「反射」と「放射」THERMAL BARRIER

アルミ箔の「反射」と「放射」

アルミ箔は優れた反射性能があり、輻射熱を約97%反射します。
この働きを利用して物体から放出される輻射熱を反射し熱の移動を止める効果があります。

反射性が高いアルミ箔は放射性が低くく、物体から放出される熱を抑える効果があります。
(アルミのホイル焼きのように熱を中に閉じ込める働き)

例:
左はドラム缶から放出される熱をアルミ箔が反射率97%の働きで熱を止める
右はドラム缶に貼られたアルミ箔が放射率3%の働きで熱の放出を抑える

放射率3%の効果試験

アルミ箔の保温効果から放射率3%の効果を検証する

サーモバリアの使用方法

サーモバリアの使用方法

サーモバリアの反射性もしくは放射性を利用して輻射熱の移動を抑えます。

ポイント

サーモバリアの内側又は外側に空気層を設けます。

*反射性を利用した場合も放射性を利用した場合も効果は理論上同じになります。

サーモバリアの両側に空気層を設けることで反射・放射のWの効果を得ることができます。
空気層は基本的には静止空気層(通気させない)にて施工ください。

*ただし屋根などの場合、夏場の空気層の温度が50℃以上の高温になる場合は通気させた方が効果的であることがあります。



お問い合わせCONTACT

カットサンプル・カタログ請求・お問い合わせ

058-385-0334
【受付時間】9:00~17:00 【定休日】土・日・祝日

代理店募集

サーモバリア「スカイ工法」の販売及び施工の代理店を募集しております。スカイ工法(特許申請中)を貴社の新規ビジネスとしてお取組み頂きますようお願いいたします。