1. 工場・店舗向け工法
  2. スカイ工法
  3. 省エネ効果

工場・店舗向け工法

スカイ工法 両面テープ接着施工(折板屋根用)

夏の省エネ効果

最大マイナス約11℃の省エネ効果

省エネ効果

実験結果による最大温度差、最大約11℃を計測。
また、夏の暑さを解消することで、冷房費節約、在庫商品の劣化防止、作業環境の改善にもご利用いただけます。

実験が証明する安心の品質

岡大学工学部 中山教授
サーモバリアの有無による室内温度測定試験

静岡大学工学部 中山 顕教授
静岡大学工学部 中山 顕教授(熱工学専門)
静岡大学工学部教授。
PhD(1981年、米国イリノイ大学博士課程修了)
熱工学の専門で、著書「熱流体力学(共立出版)」他多数
Journal of Porous Mediaをはじめ多くの国際論文集の編集委員を務める。

外比較試験

【試験設定】
スカイシートを施工した試験棟と折板屋根のままの試験棟の内部の雰囲気温度の差を測定する。
(期間:2016年6月26日・7月1日、6日平均値)
最大温度差約11℃
同じサイズの試験棟を2棟使用 左が折板屋根そのまま、右がスカイシート施工
消費電力削減約30%

験結果

温度が最大9℃低下、屋根下の暖気塊温度4℃低下
電気料金最大約30%削減を実現

試験の結果、サーモバリア施工をしてある方は屋根裏の温度が「最大9℃」低下し、屋根裏の暖気塊の温度は「約4℃」低下することが実証されました。
この効果により屋根の断熱性が向上し、冷房に必要な消費電力の大幅な低減(18%~27%)が期待できるのです。

実験風景

  • 実験風景
  • 実験風景
  • 実験風景
  • 実験風景
  • 実験風景
  • 実験風景

冬の保温効果

の放射冷却による温度低下を抑える

スカイシートのアルミ箔は熱の放射を大きく押える働きがあるため、冬の日中の建物内の暖気を夜間の放射冷却から守る保温効果があります。

点下12℃、スカイシートの冬の効果を実証

氷点下12℃になる工場の屋根。
折板屋根には霜が降りていますが、スカイ工法の屋根には霜が降りていないことを観測しました。
つまりスカイシートが工場内の暖気の放熱を抑え保温していたことからこのような結果になりました。

ルミ箔の保温性の試験

アルミ箔を貼った容器と貼らない容器に熱湯を注ぎ、容器から出る放射熱と容器の表面温度を測定。
アルミ箔が容器内の熱の放熱を抑える働きが分かります。

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ

058-385-0334
【受付時間】9:00~17:00 【定休日】土・日・祝日

カットサンプル・カタログ請求

無料でカットサンプル、カタログをお送りさせて頂きます。24時間専用フォームにて受付を行っております。
お気軽にお申し込みください。