1. HOME
  2. ブログ
  3. 工場が行うべきSDGsの取り組みとは?製造業で重要な3つの目標

工場が行うべきSDGsの取り組みとは?製造業で重要な3つの目標

遮熱材・工場・省エネ
工場が行うべきSDGsの取り組みとは?製造業で重要な3つの目標

「SDGsという言葉はよく聞くけど、製造業でもそんなに重要なの?」「工場でどんな取り組みをすればいいの?」というお悩みはございませんか?

工場では、機械を動かすためにたくさんのエネルギーを使用します。SDGsへの関心が高まる昨今、いかにエネルギーを削減し、さらに従業員の方々にとって働きやすい環境を作るのか考えていくのが重要です。

そこで当記事では、工場が行うべきSDGsの取り組みついて説明します。

SDGsとは?

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として2015年9月の国連サミットにて持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)が加盟国の全会一致で採択されました。

SDGsは「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール、169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組む普遍的なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

工場が行うべきSDGsの取り組み

工場では、より少ないエネルギーで稼働させ、環境汚染に繋がってしまうような廃棄物を出さず、資源をリサイクルしていく取り組みが必要です。

また取り組むべきことはエネルギーや環境問題以外にもあります。持続可能な社会の実現のためには、工場で働く従業員の方々にとって働きやすい環境を作ることも重要です。たとえば、工場で暑さ対策がされていない場合、熱中症になってしまったり、従業員のパフォーマンスが低下してしまう恐れがあります。そうなってしまうと従業員は安全かつ快適に働くことができません。持続可能な社会の実現のためには、従業員の方々が働きやすい環境を整えてあげるようにしましょう。

そこでSDGsに設定される17の目標のうち、とくに工場で必要な項目を3つご紹介します。それぞれどのような対策が有効なのか見ていきましょう。

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • つくる責任つかう責任

1. エネルギーをみんなにそしてクリーンに

工場では多大なエネルギーを消費しています。
そこで有効なのが遮熱シートの導入です。遮熱シートは、太陽からの熱を遮る働きを持つ特殊なシートです。遮熱シートを工場の屋根に取り付けることで、工場内の温度上昇を防ぐことができます。そのためクーラーの使用を抑えることができ、エネルギー消費を削減することが可能です。また寒い時期は、暖房器具の使用を抑えることができ、エネルギー消費を削減できます。

さらに乾燥炉や機械から放出される熱を反射する働きにより、乾燥炉からの排出熱を削減し熱損失を軽減することで省エネ性の向上を実現します。

このように工場にある乾燥炉や機械から放出される熱の排出を抑えたり、空調の効率を上げることで電力の消費を抑えられます。結果、目標7のうちのターゲットのひとつ「2030 年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。」に貢献することができます。

2. 働きがいも経済成長も

遮熱シートの導入は、省エネ性の向上だけでなく従業員の労働環境を改善することにも繋がります。遮熱シートは工場内の温度上昇を防ぐため、暑さによる従業員の体力低下やストレス増加、事故やトラブルが解消されます。結果、目標8のうちのターゲットのひとつ「移住労働者、特に女性の移住労働者や不安定な雇用 状態にある労働者など、すべての労働者の権利を保護し、安全・安心な労働環境を促進する。」に貢献することができます。

弊社が販売しているサーモバリアは、輻射熱を97%カットする遮熱シートです。この製品は工場の屋根や壁に使用することで、太陽から発生する熱だけでなく、工場内の機械から発生する「輻射熱」も防ぐことができます。実際にサーモバリアを導入いただき、従業員の為に職場の環境を改善できたとのお声もいただきました。以下の記事をご参照ください。

1日の疲労感が大幅に改善。大型エアコンを諦め、「サーモバリア スリム」を導入いただいた、株式会社市駒製網様

3. つくる責任つかう責任

工場において製品をつくる製造業では、資源やエネルギーを使う立場にあります。そのため資源の枯渇や環境汚染といった問題に向き合わなければなりません。そこで「3R」を積極的に取り組むことが重要です。ゴミを減らし資源を循環させることで、資源の枯渇や環境汚染を防ぐことに貢献します。製造業では以下のような取り組みができないか検討してみましょう。

・原材料を無駄なく効率的に使う工夫を行う
・機械や器具を修理し、長く使う
・本体や部品の再利用がしやすい設計を行う
・使用済の製品や部品を回収して再活用する
・資源として活用しやすいよう廃棄物を正しく分別する

参考:あさかわシステムズ株式会社 – SDGs目標12―廃棄物の現状とできること

まとめ

これまで、SDGsの基本的な理解、工場が行うべきSDGsの取り組みについて重要な項目を取り上げてご紹介してきました。持続可能な社会の実現のためには、工場内のエネルギー消費を見直し、従業員の方々にとって働きやすい環境を整備することが重要であるとご理解いただけたかと思います。SDGsの取り組みでお困りの方は遮熱シートを検討してみてはいかがでしょうか?

この記事のURLをコピーする
ライフテック
編集部

自宅や工場の熱問題に取り組む、株式会社ライフテックの編集部が執筆・監修を行いました。

当社は、断熱材だけでは防げない輻射熱を97%カットすることができる遮熱材「サーモバリア」を販売しております。サーモバリアは、住宅や工場などの屋根や壁に使用することで、夏の太陽の輻射熱による建物の温度上昇を抑え、体感温度を下げることができる、自宅や工場の熱問題の解消につながる製品です。

当社製品のサンプル請求、記事に関するお問い合わせなどは、各フォームからお気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ

お気軽にご相談・
お問い合わせください。
【受付時間】9:00~17:00 【定休日】土・日・祝日

カットサンプル・カタログ請求

無料でカットサンプル、カタログをお送りさせて頂きます。24時間専用フォームにて受付を行っております。
お気軽にお申し込みください。