工場の省エネ対策方法とは?具体的な対策方法を3つご紹介

工場・省エネ
工場の省エネ対策方法とは?具体的な対策方法を3つご紹介

「工場の省エネ対策を行いたい!」「工場の省エネ対策の費用対効果を知りたい!」というお悩みを、持っていませんか?

工場では多くの機械を長い時間動かすため、エネルギー消費量が多くなっています。エネルギー消費量が多いほど、それにかかるコストも高くなり、企業の利益が減ってしまいます。また、近年SDGsへの取り組みとして、「CO2削減」が大きなテーマとなっています。そのため、工場の省エネ対策を行うことはとても重要です。

そこで当記事では、工場のエネルギー消費量を削減できるように、工場の省エネ対策について説明します。

工場のエネルギー消費量の内訳は?

まず工場のエネルギー消費量の内訳を見てみましょう。下の円グラフからわかるように、エネルギーには大きく分けて、熱と電力から得られるものがあります。基本的には熱消費の割合が多く、約80%を占めています。業種によっては90%を超えています。

また、電力消費は約13%となっています。しかし、業種によっては電力設備による電力消費が多く、電力の割合が75%を超える場合もあります。

消費エネルギーの電熱比

省エネ対策を行う重要性

SDGsに則って、政府は8つの優先課題を掲げ目標達成に取り組んでいます。実際に目標達成に向けて、省エネ法などの法律が施行されました。徹底的な省エネ政策が実施され、導入を検討している企業には補助金をはじめとした支援も充実しています。省エネ対策は、コスト削減やSDGsに大きく貢献する重要な要素です。多くの生産設備を稼働させる工場などにおいては、特に重要です。

エネルギー消費は、製品を作るための生産設備の稼働だけでなく、空調や照明設備も含まれます。また、工場などの製造業は、大量のエネルギーを消費し、それに伴いCO2排出量も多くなっています。

工場の省エネ対策は、地球を取り巻く様々な環境問題を解決する手段の一つです。地球温暖化、大気汚染、水質汚染などは、世界共通の重要な課題です。そのため企業全体が、省エネ対策について問題意識をもち、日々実践していくことによって持続可能な社会を実現できるでしょう。

工場の省エネ対策におすすめな3つの方法

工場のエネルギー消費量の内訳、省エネ対策を行う重要性がわかったところで、適切な省エネ対策を3つご紹介します。

  • 生産設備の使い方を見直す
  • 遮熱シートを導入して空調の効率をアップ
  • 照明の効率アップ

生産設備の使い方を見直す

熱や電力に共通して大きな割合を占めているものとして生産設備があります。生産設備に要する必要なエネルギーを削減することで、大きく省エネにつなげることができます。具体的な生産設備の見直しの方法として、以下の2つが挙げられます。

生産設備の管理

製造業において生産設備は最も電力消費が高くなっています。そのため、非操業時などは電源をオフにし、過剰運用を防止して、電力消費を削減できます。また、工場の生産設備の見える化を行うことも重要です。無駄に運転している設備があるか、各設備の圧力が適切であるかどうかを確認します。これらにより、省エネを実現できます。古い設備を使っている場合、高効率な設備と取り換えることも省エネに繋がります。こまめに設備の掃除、点検、新しい省エネ設備の導入なども検討してみましょう。

生産設備の節電

工場ではエネルギーを効率よく稼働させることが重要です。効率よく稼働させるためには、使用していない生産設備をスタンバイモードにしておくことが重要です。また、さらに細かな節電対策として、待機電力の見直しがあります。待機電力を見直すために、工場が稼働していない時間はエアコンや給湯器などの電源をオフにしたり、自動販売機の台数削減や省エネモードへの移行も効果的です。

遮熱シートを導入して空調の効率をアップ

空調の効率アップにより、省エネにつながります。空調の効率を上げる方法として、遮熱シートを導入することがオススメです。

遮熱シートは、太陽からの熱を遮る働きを持つ特殊なシートです。遮熱シートを工場の屋根に取り付けることで、工場内の温度上昇を防ぐことができます。同時に、クーラーの使用を抑えることができ、エネルギー消費を削減できます。また、寒い時期は、遮熱シートを使うことで、建物の温度低下を防ぎます。建物を暖かく保つことで、暖房器具の使用を抑えることができ、エネルギー消費を削減できます。

弊社が販売しているサーモバリアは、輻射熱を97%カットする遮熱材です。この製品は工場の屋根や壁に使用することで、太陽から発生する熱だけでなく、工場内の機械から発生する「輻射熱」も防ぐことができます。以下は工場の屋根に設置したサーモバリアです。

さらにサーモバリアは熱対策に特化した製品として、エネルギーの削減及び効率化、排出熱の削減、省エネ性の向上などに活用することで、低炭素化を推進する企業様のカーボンニュートラルの取り組みを支援します。詳しくは以下の記事をご参照ください。

環境への取り組みについて

照明の効率アップ

空調の次に電力消費が多いのが「照明」です。照明の効率アップにより、省エネにつながります。照明の効率を上げる方法として、白熱灯をLEDに交換するという方法があります。LEDを使用することにより、消費電力を約85%削減できるとされています。

また、始業前、休憩中、終業後など、時間帯によって、使うべき照明を明確に分け、無駄な電力消費を防ぎましょう。

まとめ

これまで、工場のエネルギー消費量の内訳、工場の省エネ対策について説明してきました。熱や電力によるエネルギー消費に対して、適切な省エネ対策をしましょう。省エネ対策でお困りの方は、遮熱シートなどをご検討されてはいかがでしょうか。

また、当社遮熱シートの「サーモバリア」の無料カタログ、サンプルを受け付けております。ご興味のある方はぜひこちらも合わせてお申し込みください。

サーモバリアのカットサンプル・カタログ請求ボタン

この記事のURLをコピーする
ライフテック
編集部

自宅や工場の熱問題に取り組む、株式会社ライフテックの編集部が執筆・監修を行いました。

当社は、断熱材だけでは防げない輻射熱を97%カットすることができる遮熱材「サーモバリア」を販売しております。サーモバリアは、住宅や工場などの屋根や壁に使用することで、夏の太陽の輻射熱による建物の温度上昇を抑え、体感温度を下げることができる、自宅や工場の熱問題の解消につながる製品です。

当社製品のサンプル請求、記事に関するお問い合わせなどは、各フォームからお気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ

お気軽にご相談・
お問い合わせください。
【受付時間】9:00~17:00 【定休日】土・日・祝日

カットサンプル・カタログ請求

無料でカットサンプル、カタログをお送りさせて頂きます。24時間専用フォームにて受付を行っております。
お気軽にお申し込みください。