1. HOME
  2. ブログ
  3. 工場の電気代を削減するには?電気代高騰の原因から対策まで紹介

工場の電気代を削減するには?電気代高騰の原因から対策まで紹介

工場・光熱費削減
工場の電気代を削減するには?電気代高騰の原因から対策まで紹介

「工場の電気代を抑えたい!」「工場の電気代はなぜ高いのか?」というお悩みはありませんか?

工場では、機械を動かすために多くの電力を使うため、電気代が高くなっています。工場の電気代は、経費の高い比率を占めています。電気代を削減することができれば、経費を大幅に削減することができます。

そこで当記事では、工場の電気代を削減する方法について説明します。

工場の電気代が高いのは、なぜ?

なぜ工場の電気代は高くなるのでしょうか?原因は主に、以下の2つです。

  • 生産設備に電気代がかかっている
  • 空調や照明に電気代がかかっている

順番に解説していきます。

1.生産設備が電気代がかかっている

生産設備とは、工場で使われる「製品を作る機械」を、効率的に稼働させるための機械です。加工機やロボット、搬送機器などがあります。また、業種によってはクリーンルームや電気炉、冷蔵冷凍設備などがあります。製造業において生産設備は、欠かせないものとなっています。工場の電気代は、以下の図のようになっています。

工場の電力需要に関するアンケート調査」調査結果の概要 速報版画像引用元:「工場の電力需要に関するアンケート調査」調査結果の概要 速報版

従業員数が多いほど、電気代が高くなっていることがわかります。例えば、夏の8月で従業員数が100〜199人の場合、電気代は約700万円と高いことがわかります。電力消費の内訳は、下の図のように生産設備が約8割を占めているため、約560万円を生産設備が占めています。

画像引用元:ほくでんネットワーク

2.空調や照明に電気代がかかっている

工場の生産性を高めるために、空調や照明も大切な要素となっています。上の図のように約2割を占めているため、夏の8月で従業員数が100〜199人の場合、約140万円を空調や照明が占めています。

工場の電気代削減にオススメな4つの方法

上記の工場の電気代が高い原因に対する、オススメの対策方法を4つご紹介します。

  • 電気使用量の「見える化」
  • 電力会社の見直し
  • 生産設備にかかる電気代の節約
  • 空調にかかる電気代の節約

順番に解説していきます。

1.電力使用量の「見える化」

工場では、電力消費は経済活動に欠かせません。そのため、電気代の経費は気になるでしょう。そこで電力消費量の「見える化」を行う事が大切です。電気使用量を「見える化」することによって「いつ、どこに電気を多く使っているか」が分かるため、無駄な消費を見つける事ができます。無駄な消費を見つけ、改善できれば電気代削減にもつなげられそうです。

工場の消費電力量見える化システム画像引用元:エヌ・ケイ・テクノ株式会社 – 工場の消費電力量見える化システム

2.電力会社の見直し

電力の小売が全面自由化し、電気会社が色々なサービスを提供しています。そのため電力会社を変更することで、電気代の基本料金を下げることができます。電力会社の変更による削減率は場合によりけりですが、契約電力や使用量が同じ工場で比較した時、A社では電気代の基本料金が約1,281円で、B社では約1,897円ということがあります。

つまり、変更により基本料金を約600円削減できることもあります。工場の設備には必要不可欠な電力ですが電力会社の見直しを行い、最適なプランに変更することで電気代の削減ができます。

2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

引用:経済産業省 – 資源エネルギー庁 電力の小売全面自由化って何?

3.生産設備にかかる電気代の節約

製造業において生産設備は、最も使用電力比率が高いです。そのため、普段からライン停止時や非操業時などは電源スイッチをオフにし、過剰運用を防止するといった工夫で、消費電力を大幅に削減できます。

特に、モーター使用機器のひとつであるコンプレッサーの用途は、動力、搬送、塗装、ブロー、エアー注入など、製造業においては必須のものです。生産設備の中でも消費される電力が大きく、約20~25%ほども占めています。

コンプレッサーの消費量を抑えるためには、容量制御、台数制御、高効率といった3点から考える必要があります。 今すぐできることとして、エアーの空気漏れ点検やフィルターのクリーニングがあります。エアー漏れの点検はガスと違い、空気は漏れても害を及ぼさないためついつい見逃されがちですが、一箇所の空気漏れは、老朽化していくと共に増えていくため、定期的な点検が必要です。

4.空調にかかる電気代の節約

先ほども述べたように、約140万円を空調や照明が占めています。この高い電気代は、空調の効率アップにより節約につながります。工場の作業効率も、生産性を高めるために大切な要素です。空調の効率を上げる方法として遮熱シートを導入することが挙げられます。

遮熱シートは、太陽からの熱を遮る働きを持つ特殊なシートです。遮熱シートを工場の屋根に取り付けることで、工場内の温度上昇を防ぐことができます。同時にクーラーの使用を抑えることができ、電気代を削減できます。また寒い時期は、遮熱シートを使うことで、建物の温度低下を防ぎます。建物を暖かく保ち、暖房器具の使用を抑えることができ、電気代を削減できます。

弊社が販売しているサーモバリアは、輻射熱を97%カットする遮熱材です。この製品は工場の屋根や壁に使用することで、太陽から発生する熱だけでなく、工場内の機械から発生する「輻射熱」も防ぐことができます。実際にサーモバリアを導入いただき、電気代が安くなったとのお声もいただきました。以下の記事をご参照ください。

記録的な猛暑の夏も、工場内は30~32℃に。サーモバリア「スカイ工法」を導入いただいた有限会社大丸鉄工所様

まとめ

ここまで工場の電気代が高い原因、電気代を削減する方法について説明しました。具体的な電気代削減の方法は以下の4つです。

  • 電気使用量の「見える化」
  • 電力会社の見直し
  • 生産設備にかかる電気代の節約
  • 空調にかかる電気代の節約

そのなかで、特に工場の電気代が高なる原因は「生産設備、空調にかかる電気代」によるものだとご理解いただけたはずです。これらの原因に対して、適切な方法を選択し、経費削減につなげましょう。電気代削減で悩んでいる方は、簡単にできるものからご検討されてはいかがでしょうか。

ライフテックでは、工場の電気代削減の一環として、遮熱シート「サーモバリア」の販売/施工を行っております。工場の屋根に遮熱シートを施工することでどのくらいに電気代削減になるのかを事前にシュミレーションすることも可能です。

無料でシュミレーションをご希望の方は、以下のお問い合わせからぜひご連絡くださいませ。

問い合わせはこちらまた、まずは遮熱シートがどうゆうものか見てみたいという方には、カットサンプルと資料請求がオススメです。もちろん無料でサーモバリアのカットサンプルと資料請求が可能ですので合わせてご検討くださいませ。

サーモバリアのカットサンプル・カタログ請求ボタン

この記事のURLをコピーする
ライフテック
編集部

自宅や工場の熱問題に取り組む、株式会社ライフテックの編集部が執筆・監修を行いました。

当社は、断熱材だけでは防げない輻射熱を97%カットすることができる遮熱材「サーモバリア」を販売しております。サーモバリアは、住宅や工場などの屋根や壁に使用することで、夏の太陽の輻射熱による建物の温度上昇を抑え、体感温度を下げることができる、自宅や工場の熱問題の解消につながる製品です。

当社製品のサンプル請求、記事に関するお問い合わせなどは、各フォームからお気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ

お気軽にご相談・
お問い合わせください。
【受付時間】9:00~17:00 【定休日】土・日・祝日

カットサンプル・カタログ請求

無料でカットサンプル、カタログをお送りさせて頂きます。24時間専用フォームにて受付を行っております。
お気軽にお申し込みください。