1. HOME
  2. ブログ
  3. リフォームで、寒くないお家づくり!真冬でも寒くない家にするためのリフォーム方法をご紹介

リフォームで、寒くないお家づくり!真冬でも寒くない家にするためのリフォーム方法をご紹介

寒さ対策
リフォームで、寒くないお家づくり!真冬でも寒くない家にするためのリフォーム方法をご紹介

築年数の古い家は、壁や窓サッシの隙間から侵入する「隙間風」の影響を受けやすく、暖房をつけてもなかなか室内が温まりません。家の中が寒いままだと、室内と室外の温度差によって起こる「ヒートショック」を招く恐れがあるので注意が必要です。

ヒートショックとは、室内が寒いなかで過ごしたあと、お風呂などの気温の高い環境に移動することで血圧が大きく変動し、心臓、血管の疾患が起きることです。血圧が上昇すると、内出血、大動脈解離・心筋梗塞・脳梗塞などの疾患を招く恐れがあります。温度差によって起こるヒートショックは、家の寒さ対策によって予防できることも知っておくと良いでしょう。

引用:冬場に多発! 温度差で起こるヒートショック – 社会福祉法人 恩賜財団 済生会

ヒートショックの予防には断熱工事など、外気の影響を受けにくくするためのリフォーム対策が効果的です。本記事では、寒さ対策に効果的なリフォーム方法を具体的に紹介します。これから「寒くない家づくり」を計画される方は、ぜひ参考にしてくださいね。

家の中が寒さを感じる理由

室内で寒そうな男性築年数の古い家は断熱・気密性が低いことから、窓の隙間から冷気が侵入します。さらに窓が多い家は、冷気が足元に流れたまっていく「コールドドラフト現象」などの影響を受けやすくなるので、足元に冷えを感じることも多いでしょう。まずは家の中が寒くなる理由について、具体的に紹介します。

  • 断熱・気密性が低いため
  • 窓の隙間からスキマ風が侵入する
  • コールドドラフト現象が起こるため

断熱・気密性が低いため

木造家の断熱・気密性が低いと、壁や窓の隙間から冷気が侵入するため、冬は寒さを感じやすくなります。とくに築年数の古い家、木造住宅は、建築材や窓サッシの劣化により家の気密性が低くなり、室内に隙間風が侵入します。断熱・気密性の低い家は蓄熱性能が低く、室内の熱が外に逃げやすいので、暖房をつけても室内がなかなか暖まりません。家の断熱・気密性を高めるには、建物に断熱材を施工する断熱工事などを取る必要があります。

断熱工事については、「断熱工事とは?費用の目安や効果・注意点から一緒に行うべき遮熱工事まで紹介」で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

窓の隙間からスキマ風が侵入する

冬の窓際家が古くなると、窓枠の隙間を塞ぐゴムパッキンが徐々に劣化します。ゴムパッキンとは、窓ガラスをサッシ枠に固定する建材のことです。ゴムパッキンが老朽化すると、そこから隙間風が侵入し、室内が寒くなります。ゴムパッキンはメンテナンスを怠ると劣化が進むので、不具合を見つけたら早めに交換しましょう。

コールドドラフト現象が起こるため

窓の多い一軒家は、コールドドラフト現象の影響を受けやすくなります。コールドドラフト現象とは、暖房によって温められた室内の空気が、冷たい窓ガラスによって冷却され、床面に冷気が下降する現象のことです。コールドドラフト現象が起こると、暖気は室内の上部へ、壁や窓から伝わる冷気は室内の下部に行くため、足元が寒くなります。暖房をつけても「足元が冷える」と感じた時は、コールドドラフト現象を疑うといいでしょう。

引用:コールドドラフト現象とは? 部屋が寒い原因と対策 – 手軽にレンタル「あるる」

寒さ対策にはリフォームが効果的!

壁の断熱材「家の中が冷える」、「暖房をつけても、なかなか温まらない」という場合、もしかすると家の気密性、断熱性が低いのかもしれません。家の気密性、断熱性が低い家は、室内に隙間風が侵入しやすくなり、冬は寒さを感じることが多くなります。とくに築年数の古い家は、建材、窓枠の隙間を塞ぐゴムパッキン、窓サッシが老朽化しており、そこから隙間風が入ることも……。

家の隙間風を防ぐには「家の隙間を埋める」など、家の気密性・断熱性を高めるための対策が必要になります。たとえば隙間風が入りにくくするために、家の密閉性をアップさせる「断熱リフォーム」もおすすめです。断熱リフォームとは、家の気密性・断熱性を高めるための工事のことです。断熱リフォームを行うことで、外気の影響を受けにくくなり、暖房の効きが良くなります。

断熱リフォームの他には、室内の輻射熱が外に逃げるのを防ぐ「遮熱工事」も、寒さ対策に効果的です。遮熱工事とは、電気ストーブ、日射から発生する「輻射熱」を反射する工事のことです。遮熱工事を行うことで、室内の熱が外に逃げるのを防ぎ、寒い時期も暖かく過ごせます。さらに夏は日射による輻射熱が室内に侵入するのを防ぐので、暑さ対策にも効果的です。

断熱リフォーム、遮熱工事の方法については、以下の項目で詳しく解説させていただきますね。なお、寒さ対策に効果的なリフォーム方法については、「寒い家のリフォーム方法とは?熱のプロが教える、リフォーム前に知っておきたい「寒さ対策」」でも紹介しているので、合わせてご覧くださいませ。

寒さ対策に効果的なリフォーム方法

築年数が古い家は、断熱材の施工など「寒さ対策」に効果的なリフォームをすると、寒い時期も暖かく過ごせるようになるのでおすすめです。本項目では、家の寒さ対策に効果的なリフォーム方法について紹介します。

  • 内窓を設置し、二重窓にする
  • 屋根、壁、床に断熱材を施工する
  • 遮熱シートを内壁へ施工する

内窓を設置し、二重窓にする

二重窓窓に内窓を設置して二重窓にすると、窓と窓の間に空気層が生まれます。この空気層が断熱材のような役割を果たすことから、部屋の断熱性能がアップします。二重窓とは、室内側に取り付ける窓サッシのことです。二重窓は複層ガラス(ペアガラス)とよく混合されますが、全くの別物なので注意しましょう。二重窓は、複層ガラスのようにガラスが二重になるのではなく、窓サッシ自体が二重になります。窓サッシを二重にすることで、窓の間にできた空気の層により、外からの冷気が室内に侵入するのを防ぎます。

屋根、壁、床に断熱材を施工する

断熱材断熱材が敷き詰められていない家は、外気の影響を受けやすくなり、暖房をつけても室内がなかなか暖まりません。このような家には、屋根、壁、床に断熱材を施工することで、建物の断熱性能がアップするので、寒い時期も暖かく過ごせるようになります。断熱材とは、空気の層によって熱の伝わりを遅らせる素材のことです。断熱材を壁、屋根、床に施工することで、暖房によって温められた室内の熱が外に逃げるのを防ぐので、暖房の効きも良くなります。

断熱工事は工法の違い、断熱材の種類、施工範囲によって価格が変動するので予算に合わせて選びましょう。断熱工事における費用の目安、効果、注意点については「断熱工事とは?費用の目安や効果・注意点から一緒に行うべき遮熱工事まで紹介」で紹介しているので、合わせてご覧ください。

遮熱シートを内壁へ施工する

 

壁施工熱を反射させる「遮熱シート」を壁の内壁に施工することで、暖房で温められた熱が外に逃げるのを防ぎ、寒い時期も暖かく過ごせます。遮熱シートとは、輻射熱を反射する金属製のシートのことです。冬は、室内の輻射熱が外へ逃げようとするため、暖房をつけてもなかなか暖まりません。そこで遮熱シートを内壁に施工することで、輻射熱が室外へ逃げるのを防ぐ働きがあります。さらに室内の温度が安定して暖房の効きも良くなるので、光熱費を削減したい方にもおすすめです。

遮熱による寒さ対策については「遮熱による寒さ対策とは?遮熱対策の種類、寒さ対策の方法を紹介」でも紹介してみるので、こちらもぜひご覧くださいませ。

寒さ対策には、遮熱シートと断熱材を組み合わせるとより効果的

家の寒さ対策には、輻射熱を反射する遮熱シートと伝導熱、対流熱を抑える働きをもつ断熱材との併用がおすすめです。まずは輻射熱を正しく理解するために、「3つの熱移動」から説明させていただきます。熱の伝わり方には、「伝導熱」「対流熱」「輻射熱」の3種類があります。断熱材で防げるのは、伝導熱、対流熱のみであり、輻射熱対策には遮熱材しか効果が見込めません。

熱の種類さらに輻射熱は他の熱移動と比べて割合が高いので、寒さ対策には輻射熱対策が重要と言えるでしょう。具体的に、それぞれの熱移動の割合は、以下の通りとなります。

  • 伝導熱…湯たんぽ、カイロ 5%
  • 対流熱…エアコン、温風ヒーター 20%
  • 輻射熱…電気ストーブ、太陽 75%

断熱材で対策できる熱は、熱全体の25%(伝導熱の5% + 対流熱の20%)です。残りの75%は輻射熱が占めているので、室内の寒さ対策には輻射熱への対策が必要です。輻射熱を反射する遮熱材と、伝導熱、対流熱を抑える働きを持つ断熱材とあわせることで、すべての熱移動を抑える「理想の断熱」を実現させることができます。

理想の断熱

まとめ

築年数の古い家、木造住宅は気密性が低く、隙間風の影響を受けやすいことから、暖房をつけても室内がなかなか暖まりません。さらに窓の多い一軒家は、コールドドラフト現象などの影響を受けやすく、足元の冷えを感じやすくなります。家の寒さを感じる時には、寒さ対策に効果的なリフォームを行うことで、寒い時期も暖かく過ごせるようになります。家の寒さ対策におすすめのリフォーム方法は、具体的に以下の通りです。

  • 内窓を設置し、二重窓にする
  • 屋根、壁、床に断熱材を施工する
  • 遮熱シートを内壁へ施工する

家に二重窓、断熱材を施工することで、家の気密性がアップするので、寒い時期も快適に過ごせることでしょう。また遮熱シートを壁の内側に施工することで、暖房の熱が外に逃げるのを抑え、省エネ効果も期待できます。家の寒さを感じた時は、上記で紹介したリフォーム方法などを行い、寒い時期も快適に過ごしましょう。

この記事のURLをコピーする
ライフテック
編集部

自宅や工場の熱問題に取り組む、株式会社ライフテックの編集部が執筆・監修を行いました。

当社は、断熱材だけでは防げない輻射熱を97%カットすることができる遮熱材「サーモバリア」を販売しております。サーモバリアは、住宅や工場などの屋根や壁に使用することで、夏の太陽の輻射熱による建物の温度上昇を抑え、体感温度を下げることができる、自宅や工場の熱問題の解消につながる製品です。

当社製品のサンプル請求、記事に関するお問い合わせなどは、各フォームからお気軽にご相談くださいませ。

関連記事

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ

お気軽にご相談・
お問い合わせください。
【受付時間】9:00~17:00 【定休日】土・日・祝日

カットサンプル・カタログ請求

無料でカットサンプル、カタログをお送りさせて頂きます。24時間専用フォームにて受付を行っております。
お気軽にお申し込みください。

メールマガジンの登録はこちら

遮熱に関する様々な情報を配信します。