1. HOME
  2. ブログ
  3. 遮熱工事とは?遮熱工事に使う遮熱材やおすすめの施工箇所をご紹介

遮熱工事とは?遮熱工事に使う遮熱材やおすすめの施工箇所をご紹介

遮熱材・工場
遮熱工事とは?遮熱工事に使う遮熱材やおすすめの施工箇所をご紹介

遮熱工事は、室温上昇や機械から放出される熱による暑さを防ぐために必要な工事です。

日射による暑さには屋根、壁など太陽光が当たりやすい箇所に遮熱工事を行うことで熱を反射し、室温上昇を防ぐことができます。機械による暑さ対策も同様に遮熱工事を行うことで、大幅に作業環境を改善することができます。

本記事では遮熱工事に使用する遮熱材の種類、効果的な施工箇所について紹介します。

遮熱工事とは

遮熱工事とは、日射や機械から発せられる熱「輻射熱」を防ぐ工事のことです。輻射熱とは、熱の一種で遠赤外線の熱線によって伝わる熱のことで、身近なものでは太陽の熱や赤外線ストーブなどがあります。この輻射熱は、人体を芯から温める働きを持っているため体感温度に大きく影響します。遮熱工事を行うことで、輻射熱を防ぎ、室温の上昇を抑え、体感温度を下げることができます。また、冬時期には、室温の低下を抑制し、寒さ対策に効果を発揮します。

具体的には、太陽による輻射熱の影響を受けやすい屋根や壁などに施工します。また工場内の機械は機械全体または、周りの作業者の一部分を施工します。

遮熱工事に必要な遮熱材の種類

遮熱工事では、遮熱効果のある塗料、シートなどを使用します。遮熱工事に必要な遮熱材の種類について、それぞれ紹介します。

  • 遮熱塗料
  • 遮熱シート

遮熱塗料

遮熱塗料とは、輻射熱を反射する効果のある塗料のことです。遮熱塗料を屋根、壁に塗ることで、日射による輻射熱を反射し、屋根、壁に熱がこもるのを防ぎ、室温上昇を抑制します。

遮熱塗料は均一にムラなく塗ることで効果を最大限発揮するため、職人による塗りムラの差が出ると効果を最大限発揮できない可能性があります。

そのため、遮熱塗料の施工をする場合には、専門の知識や技術力の高い職人が在籍している業者を探す必要があります。遮熱塗料については、「遮熱塗料の効果がないってほんと?効果がわかりにくい原因と塗料に代わるおすすめの遮熱材を紹介」でも紹介していますので合わせて確認ください。

遮熱シート

遮熱シートは、日射による輻射熱を反射するシートのことです。遮熱シートは、アルミ純度が高ければ高いほど反射率、遮熱効果が高くなります。例えば、当社の遮熱シート「サーモバリア」の場合、アルミ純度が99%以上、輻射熱の反射率が97%、と非常に高い数値となっており、室内への輻射熱の侵入を大幅に防ぐことができます。

また、遮熱シートは塗料のように塗りムラにより効果が出たり出なかったりといった心配がなく、遮熱シートを屋根に貼るだけ or 遮熱シートを機械に貼るだけなので施工自体も簡単で、職人による効果の差が出ることはありません。

工場で遮熱シートを導入した場合のメリットなどについては、「工場に遮熱シートを施工するメリットとは?効果、施工箇所、施工事例をご紹介」でも解説していますので合わせて確認ください。

遮熱工事に最適な施工箇所

遮熱工事は、輻射熱の当たる箇所に行うことで効果が期待できます。本項目では、遮熱工事に最適な以下の施工箇所について紹介します。

  • 屋根
  • 機械

屋根

サーモバリア スカイ工法施工事例

特に屋根の場合、一日中太陽の熱を直接受けているため高温になりやすい傾向にあります。高温になった屋根から室内側へ熱が侵入し室温の上昇を招きます。

そのため、屋根に遮熱工事を施すことで、上記の問題を解決し、夏の暑さ対策熱中症対策に非常に有効です。また、冬時期には暖められた室内から室外へ対して熱が移動するのを防ぐことができるため、寒さ対策にも有効です。

遮熱シートの壁への施工

外壁に遮熱工事を行うことで、屋根同様に日射からの輻射熱を反射し、夏の暑さ対策に効果的です。特に西面や南面に対しての遮熱工事が効果的で、外壁も直接的な太陽の熱や地面からの照り返しによる影響があるため、屋根と合わせて遮熱工事を行うのがおすすめです。

さらに内壁へも施工することで、屋外へ移動する輻射熱を抑える効果もあり、冬の寒さ対策にも役立ちます。

機械

フィット工法

遮熱工事は、機械から発生する輻射熱を抑えることも可能です。具体的には遮熱シートを機械に施工することで、放熱ロスの削減や近くで作業する従業員の暑さ対策が可能になります。また、間接的に空調の利用量削減による電気代削減や省エネ対策にもなるため非常におすすめです。

大きな機械に施工する場合は、テント状に遮熱シートを縫製して機器をすっぽり囲み込む「フィット工法」での施工が最も適しています。弊社のお客様でフィット工法を導入したお客様のインタビュー記事は以下から確認いただけます。合わせてご覧ください。

遮熱工事におすすめな遮熱シート「サーモバリア」とは?

サーモバリアとは、アルミ純度99%以上のアルミ箔を使用した遮熱シートです。遮熱シートは一般的にアルミの純度が高ければ高いほど輻射熱の反射率が高くなり、サーモバリアは97%の輻射熱をカットします。これらの特性から、サーモバリアは夏時期の太陽や工場内で機械から発生する輻射熱のほとんどをカットするため、工場内での暑さ対策に非常に有効です。

また、冬時期には屋根に施工したサーモバリアが室内で発生する輻射熱を室内側に反射する働きがあるため、建物内の温度低下を防ぎ寒さ対策にも有効です。

サーモバリアは、屋根に最適なもの、機械への施工に最適なもの、など多数の種類があり、それぞれ特性があります。詳しくは別ページの「サーモバリアとは」をご覧くださいませ。また、多数の種類があるサーモバリアを一度見てみたいという方のためにカットサンプルを無料で提供しております。こちらも合わせてご確認くださいませ。

サーモバリアのカットサンプル・カタログ請求ボタン

まとめ

遮熱工事を屋根、壁、機械に施すことで、日射や機器による輻射熱を抑え、室温上昇を防ぎます。遮熱工事をするのであれば、屋根だけよりも屋根や壁、工場内機械など全てに行うのが一番効果を実感しやすくおすすめです。また、遮熱工事をする際は、輻射熱を97%カットする遮熱シート「サーモバリア」がおすすめです。

そもそも、遮熱シートとは?という方は別記事の以下2記事をご確認いただけると理解が深まると思います。合わせてご覧ください。

この記事のURLをコピーする
ライフテック
編集部

自宅や工場の熱問題に取り組む、株式会社ライフテックの編集部が執筆・監修を行いました。

当社は、断熱材だけでは防げない輻射熱を97%カットすることができる遮熱材「サーモバリア」を販売しております。サーモバリアは、住宅や工場などの屋根や壁に使用することで、夏の太陽の輻射熱による建物の温度上昇を抑え、体感温度を下げることができる、自宅や工場の熱問題の解消につながる製品です。

当社製品のサンプル請求、記事に関するお問い合わせなどは、各フォームからお気軽にご相談くださいませ。

関連記事

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ

お気軽にご相談・
お問い合わせください。
【受付時間】9:00~17:00 【定休日】土・日・祝日

カットサンプル・カタログ請求

無料でカットサンプル、カタログをお送りさせて頂きます。24時間専用フォームにて受付を行っております。
お気軽にお申し込みください。